2008 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なんでだろう
- 2008/09/30(Tue) -
ルルさんは我が家で一番の美人さん。
IMG_1036.jpg


かわいい系のロンと違って、結構ビシっとした写真写りになることが多い彼女。
DSC_0192.jpg


今日もキリッとしてますねぇ~。
IMG_1081.jpg


ヒゲ以外は。
IMG_1083-1.jpg


過去もさかのぼって…ヒゲ以外は(笑
DSC_0182.jpg


なんでいつもクチャクチャなんだろう?素朴な疑問です。




この記事のURL | ルル | CM(1) | ▲ top
そこに箱がある限り
- 2008/09/29(Mon) -
前のフルーツ箱は解体されたので…

今日はウェッジウッドの茶葉セットの空き箱を見つけたロン君。
IMG_0980.jpg


IMG_0981.jpg
「入ってますがなにか?」
いいえ、なんでもありません(笑
この記事のURL | ロン | CM(2) | ▲ top
お披露目
- 2008/09/27(Sat) -
友人が2人、ルルとロンに会いに来てくれました。

お土産に新しいおもちゃをプレゼントしてもらい、早速飛びつく2にゃん。
じゃれつく写真を撮りたかったのですが、なかなか良い写真が撮れなかったので本日は断念!

だっこキライなルルがおとなしく友人の腕の中でまったり…。
これは相当珍しいショットでございます。
IMG_0912.jpg


たっぷり遊んでもらって大満足な2にゃん。
眠り方もいつもとは違います。まさにグッスリ。
IMG_0973.jpg


普段こんなに遊んでもらうことはめったにないものね。良かったね。
…悪い飼い主でごめんね?(笑



ちょっとしたオマケ。
上の写真を撮ったあとの、起き抜けのロン。
もう「あらよっと」では言い表せない姿です。
DSC_0050.jpg
「よく寝たぜ~~」ってな感じでしょうか?(笑


この記事のURL | 子猫 | CM(2) | ▲ top
4ヶ月
- 2008/09/26(Fri) -
おてんば娘ルル。
本日9月26日で生後4ヶ月になります。IMG_0615.jpg


我が家に来た時1.2キロだった体重も、もうすぐ2キロに到達しそう。
まだまだ小さいけれど、たま~に子猫には見えない貫禄を見せてくれるようになりました。
IMG_0557.jpg


庭を見つめる横顔なんて、もう立派なレデーではないですか?
IMG_0561.jpg


でも、あんまりお外に興味持たないで欲しいなぁ。
この子の性格的に、1度「出てみたい!」と思っちゃったら必ずやり遂げそうなんですもん。
今後は成長度合いを見ながら、脱走対策にも本腰を入れていこう。うん。
この記事のURL | ルル | CM(1) | ▲ top
背中の肉球
- 2008/09/23(Tue) -
気持ち良さそうに眠るロン。
IMG_0672.jpg


でも…あれ?背中から肉球?
IMG_0674.jpg


下側の前足でしたか。
IMG_0670.jpg

この子たちと暮らすまで、猫の体がこんなに柔らかいなんて知りませんでした。
あ~このままずーっとダラダラ過ごしたい…(笑

この記事のURL | ロン | CM(4) | ▲ top
ロン再診
- 2008/09/21(Sun) -
本日、ロンの2回目の診察だったのですが…
なんと快方に向かってました!!
バンザーーーイ!

血液検査の結果、5万超えていた白血球が3万まで下がり、
肝臓の値GTPも以前は120だったものが今回は69(正常値は60が限界ですが)に。
順調に薬が効いているようです。

心なしかお腹のふくらみも目立たなくなってきたように思います。

それにしても、原因はいまだ不明。
今後、薬をやめて再び同じ数値に戻ったら、今度こそ病理検査をしましょうとのこと。
もちろん今より成長してからの話ですが…。
なるべくお腹は開けたくないなぁ…。

でもでも、とにかく今は薬も効いているし、本猫も元気いっぱい。
体重もメキメキ増えてるんだからきっと大丈夫!
ご心配頂いた方々、本当にありがとうございます^^
本猫も「フルーツ」化して満足気にしておりました(笑
DSC_0689.jpg


さらにあらよっと。
DSC_0680.jpg


今夜はこの子達が来てから初めて
心から安心して眠れるような気がします。
この記事のURL | 通院 | CM(3) | ▲ top
噛みグセ?
- 2008/09/18(Thu) -
おニューのキャットタワー。
木製の台座の角を、ロンがふと噛み始めました。
DSC_0107.jpg

それを見ていたらしいルル。
ロンがやめた途端にガリガリ。
DSC_0150.jpg

ついには取り合い。ソレ、そんなにイイの?!
DSC_0111.jpg


夜、確認してみると・・・
DSC_0305.jpg

あぁぁぁ…キレイな木目が!
しかもブームはこの一瞬だけだったよう…どうせならもうちょっと執着してあげてー!(笑
この記事のURL | 子猫 | CM(2) | ▲ top
かまってモード
- 2008/09/16(Tue) -
猫部屋というか元私の部屋というか。
そこでまたもやちゃぶ台を引っ張り出してブログをいじること数時間。

後ろのベッドでぐっすりだったルルが起きだし、構ってアピール開始です。

手で背中をチョイチョイとしたり、これぞまさに猫なで声!な声を出します。
適当に相手をしてあげてたのですが、本腰じゃないってのは伝わるもんですね。
IMG_0419_convert_20081017151753.jpg

強硬手段に出たようです。
なんちゃって香箱座りでスト開始か!?

しかしやはりまだ子猫。
パソコンのほどよい熱で再びうとうと…。IMG_0423_convert_20081017151946.jpg
そして画面の後ろから覗く1つの目…このあとキーボードは超満員!になったのは言うまでもありません。


この記事のURL | 子猫 | CM(1) | ▲ top
ロンの肝臓
- 2008/09/13(Sat) -
我が家に来た時からお腹が大きめだったロン。
DSC_0355.jpg


数日前の日記にも書いたとおり、
病院の先生には「食べすぎ」と診断されましたが、あきらかに空腹時でも大きい。
ブリーダーさんは幼児体型だとおっしゃられていたので、
そういうものなんだ、可愛いなぁと眺めていました。
が、10日違いほどのルルと比べてもあまりに大きい。
これは本当に幼児体型で食べすぎなんだろうか?
特に母が心配していました。

だんだん心配になり、昨日は半休を取って再び病院へつれていった。
先生も空腹時にしては確かに膨れているなぁと、すぐレントゲン。

そして分かったことは、肝臓肥大。

肝臓が通常より大きいことにより他の臓器を押しやっているため
お腹が膨れているのだそう。
原因はまだ不明。

癌かどうかを見分けるためには病理検査が必要らしいが、
まだやっと3ヶ月になったばかりの子猫のお腹を開くなんてとてもじゃないが…。

血液検査でも肝臓の値を示す数値がおかしい。
また白血球も異様に多い。
けれど、白血病もエイズも陰性だった。

なんなんだろう??
先生は免疫関係がおかしいんじゃないかと推察されてましたが…
こんなに小さいのにどうして。

すごく怖かったのが血液検査の結果が出た時。
先生が「白血球が5万7500だって?!」と叫んで
そのまま裏方の検査ルームが静まり返ったこと。
看護士さんたちも凍りついたように何も言わないんです。

何が起こってるかは分からないけど、
猛烈に悪い事態なんだってことだけは分かる。
漫画みたいに、先生の背中がサーーーッと遠くに離れていくような気がして
自分の足でちゃんと立ってる実感すらなくなりました。

まぁ、その後の検査でエイズも白血病もシロと判明したので
また先生も看護士さんも復活されてましたが…。
あれはトラウマになりそうなくらい怖かった!

とりあえず、10日分の抗生剤と強肝剤、インターフェロンを処方してもらって帰宅。
本猫はいたって元気なのがせめてもの救い。
10日後の診察で改善されてたらいいけど、もし悪化してたらと思うと
今から不安です。

つい暗くなっちゃうけど、まだ何も分かっていない。
プラス思考でがんばらないとですね。
DSC_0193.jpg

この記事のURL | 通院 | CM(0) | ▲ top
女レスラー
- 2008/09/11(Thu) -
昼夜を問わず繰り広げられる、ルルとロンのプロレス。
ちなみに向こう側に横たわる角材は、ベッド下への侵入防止装置。

DSC_0741.jpg

すでに逃げ腰なロン君。
勝負の前から結果が予想できますね(笑

DSC_0754.jpg

下がロンでございます。
がんばれロン!


DSC_0793_convert_20081017145055.jpg
顔面におもいっきりルルの蹴りが入ってます。

DSC_0765.jpg

ああああ。もはやここまでか・・・!
年下だろうが一切手を抜かない女、ルル。
強すぎです。

この記事のURL | 子猫 | CM(0) | ▲ top
てっぺん制覇
- 2008/09/08(Mon) -
猫部屋兼私の寝室には、2メートル50センチほどのキャットタワーがあります。
ベンガルは上下運度が得意だと聞きはりきって購入したのですが、
まだ3ヶ月のうちの子猫たちには少し早すぎたなぁと思っていたのです。

もう1つある小さめのタワーで遊んでいることが多く、
ぽつんと佇むでかタワーを虚しく眺める日々だったのですが、今日部屋に入ると・・・
IMG_0378.jpg

ルル乗ってるー!!
なんか得意げにロンを見下ろしてます。

更にすごい勢いでよじ登ってるし!!
IMG_0383.jpg

駆け上る音がまたすごい。ギャリギャリギャリ!と、
大体5回くらい足を前後させるだけで頂上に到着。
ルル、恐るべし…!

ブレまくってますが、既にロンも頂上でカサカサ動いてます。
ルルの真似してすぐ登ることが出来たのですが、
こう、考えながらやっとこ登ったと思ったらてっぺんでも不器用な動きで
ドッタンバンやるので、たまに盛大に落ちたり・・・もう見てて怖いです(笑
この記事のURL | 子猫 | CM(0) | ▲ top
復活
- 2008/09/07(Sun) -
今朝はルルだけでなく、ロンも連れて病院へ。
ロンは最初からお腹ポンポコリンではあったのですが、
なんだか昨日からさらに磨きがかかってきたような気がして。
お腹に水でも溜まってたらどうしよう、と気が気じゃありませんでした。

診断の結果、ルルはロンと全く同じ。
環境の変化によるストレス性腸炎。
ロンのはお腹いっぱいによるポンポコリンだそうです。
ちゃんと適量をあげたんだけどなぁ。
1日で100グラム増えてる!!と先生がびびっておられました。
私の名誉のためにも言わせてもらいますが、100グラムもご飯あげてませんよ!?(笑
なんでだろう?お水かなぁ?

とまぁなんだか腑に落ちない体重増加ですが、先生も笑っておられたので心配はなさそう。
やれやれと連れて帰り、2匹にお薬を飲ませます。
ええ、もちろん大暴れです。私も母も傷だらけ。
とほほ。

まずーい薬を飲んだあとは、2にゃんとも元気いっぱい走り回ってました。
ホントに病猫なのあんたたち。
IMG_0285.jpg

明日はぜったいに爪切りだからね!


この記事のURL | ルル | CM(0) | ▲ top
甘えん坊
- 2008/09/06(Sat) -
甘えん坊なルルに比べると、ロンはかなり奥手くん。
いまだ緊張が解けないのか、誰かが部屋に入ってくると
驚いて隅に逃げようと身構えます。
なもんだから、ルルのように足の間で眠ったり・・・
なんてことは全くありませんでした。
IMG_0229_20080910230807.jpg


そんなロンが、急に私の体の上で眠ろうとし始めたんです。
しゃがんでいる私の背中によじ登って
そのまま斜めってる背中で眠ろうとしたり、
足を伸ばして座っていればその間で熟睡したり・・・。

ロンったら、実はツンデレだったのかも!?などと喜んでいた私。
とんだ浮かれポンチでした。

なんと翌日、ロンは3度も吐いたのです。
夕方~深夜にかけて3度。
翌日、ブリーダーさんに相談してすぐ病院へ連れていくと、
ストレス性の腸炎と言われました。
血便もしていたそうで・・・トイレ掃除していたのに、全く気づかなかったよ。
ごめんねロン君・・・。

初期症状だそうなので注射はせず、お薬だけもらって帰ってきました。
あんなに甘えていたのは、体がしんどかったからなんだね。
手遅れにならなくて良かった!
IMG_0250_20080910231041.jpg

その晩、ロンは見る見る食欲を回復。
ああ、良かった・・・と安心していると!!
鈍感な私でも分かるくらいな血便がおトイレに!!
ルル~~~!!あんたもか~~~~!!

死ぬほど元気全快で走り回ってたのに・・・明日また病院いってきます{%がっかり(orZ)webry%}

この記事のURL | ロン | CM(0) | ▲ top
有給終了
- 2008/09/03(Wed) -
IMG_0161.jpg
ついに今日で有給もおしまい。
ロンのおトイレもなんとかなりそうかな?位には持ってこれましたが、
まだまだ油断は禁物。
やっぱり、環境の変化が原因なのかしら??
トイレ道は思った以上に険しいです。

でもしかし!
こんなかわいい寝顔を見せてくれるだけで何も文句はありません!!
これ以上の幸せがありましょうか?!(笑

IMG_0145.jpg


もう、可愛すぎでどうにかなっちゃいそうです。
ついつい触りたくなっちゃいますが、ここは我慢の子です。
それにしても・・・気持ち良さそうだなぁ。
IMG_0149.jpg



この記事のURL | 子猫 | CM(0) | ▲ top
パソコン日和
- 2008/09/02(Tue) -
ルルとロンは、約10日違いの姉弟なので、体の大きさに若干違いがあります。
が、やはりお父さんが一緒なだけあって、
ほんのごくたま~~に見間違う瞬間があったりなかったり・・・
なので、今日から子猫用の首輪を付けてみました。

嫌がるかな?と心配したのですが、2匹とも全く動じません。
装着する際の私のもたつきっぷりにキレてましたが、
付けてみればへっちゃらなようで一安心。

デジカメのストラップが気になるルル。
ブレブレだけど、あんだけ引っ張られた割にはマシに撮れた一枚。
IMG_0087.jpg


そして、今日は猫部屋兼自室でパソコン出来るかな?とイソイソとちゃぶ台設置。
なんだなんだと集まるニャンズ。
特に好奇心旺盛すぎるルルは、すでにマウスコードと格闘開始です。
全力で阻止。

嵐(荒らし?)が去り、やれやれとノートパソコンを開くと・・・
IMG_0095.jpg

体重1キロ未満なロン君だからまぁ大目に見ましょう(笑

この記事のURL | 子猫 | CM(1) | ▲ top
一夜明けて
- 2008/09/01(Mon) -
我が家にて迎える初めての朝。
ロンの夜泣きと、粗相への不安からほぼ飲まず食わず眠らずの一夜でした。
気分はまさになんちゃって新米ママです。

ブリーダーさんから頂いたフードをモリモリ食べてくれ、
少し落ち着いてきたように見える2匹。
父が購入したはいいけれど、誰も使わず放置気味だった座椅子で寛いでくれてます。
IMG_0047_convert_20081017141836.jpg


いまだロンはトイレ未修得。
ウンチはなんとか覚えてくれそうな兆しがあるのですが、オチッコは全滅・・・。
なぜ!!
張り切って有給3日取っておいてよかった。
この記事のURL | 子猫 | CM(0) | ▲ top
お迎え
- 2008/09/01(Mon) -
新しい家族、ルルとロンを迎えにいくため、
東京のブリーダーさんのお宅へ行ってきました。

帰り道、ずーっと鳴きっぱなしのお姉ちゃんルル。
そして不気味なほど静かな弟ロン。
姉弟(ママ猫違い)と言えど、猛烈に性格に違いがあるようです。

その後グリーン車に乗ったものの、ルルの鳴き声にいたたまれなくなり
廊下に出ようとしたところ、なんとなんと!
車掌さんが乗務員室に案内してくれるじゃありませんか。
4人掛けの完全個室です。猛烈に感謝です。

しかしそこでも鳴きやまないルル。
試しに抱っこしてみると、安心したのか腕の中で熟睡しはじめ、
そのまま新大阪まで一言も鳴かず。
小さい頃に1度会っただけなのに!
無防備さにもうメロメロです。(ブレブレですみません)
080831_1752~0001

そして1人キャリーで熟睡する大物なロン。
すごいです。蓋が開いてようが外に出来ません。まさに大物。
080831_1805~0001


その後、19時に無事帰宅。
ルルは教える前からサッサと自分でおトイレへ。
おお~やっぱり猫ってすごいもんだなぁと感心していた矢先!
ロン君が私のベッドでウン○しちゃったではありませんか!

しかも、後で気付いたんですが、
ケージの最下層にもこっそりオチッコしてました・・・。
ロ、ロン~~~!やるなら堂々と粗相してくれ!!
にゃんずの為に購入したネコ様洗濯機。初日からフル稼働です。

その晩は、ロンがママ猫を探してミィミィ鳴き(泣き?)続けてました。
キャリーの中では一言も鳴かなかったのでびっくりしましたが、
どうも大物だから云々ではなく、その真逆の極度の怖がりさんだったみたいです。
キャリーの中では呆然と固まってたんですね・・・かわいそうに!

そんなこんなで始まったベンガルとの生活。
猛烈に遅筆な私ですが、なんとか頑張って続けて行きたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。
この記事のURL | 子猫 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。