2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロンくん病院へ その2
- 2009/08/11(Tue) -
昨日、右目と一緒に血液検査もしてもらったロン。

DSC_0528.jpg


実は先月、ロンの健康診断に行っていたのですが
その際また肝臓の数値が悪化していたんです。

猫の肝臓は、正常値5~60なんですが
その時ロンは347もありました。

本猫は至って元気いっぱいなのですが、
さすがにこれは捨て置けない…と、ウルソ錠という強肝剤を出され、
しばらく投薬の日々が続いておりました。

で、昨日の血液検査の結果。

293と少し下がっていました。

なのでウルソは効果が認められるとし、このまま投薬続行。


ただ、やっぱり白血球が高いままなのです。

猫の白血球の正常値は8000~19500
でもロンは、前回26700
で、今回は31900
(生後3カ月時は57500《過去記事参照》もありました)


ロンの白血球の高いのは、以前から何度か書かせてもらいましたが、
いまは何も薬を飲んでいないんです。

なぜかというと、どの薬も効果がなかったから

で、もし同じような症状で苦しむ猫ちゃんがいたら
参考にしてもらえると嬉しいと思い、今まで使った抗生剤の名前を聞いてきました。

≪効果のなかった薬≫

・クロロマイセチン パルミテート液

・オーグメンチン(4クール使用)

・トリブリッセン



オーグメンチンは4クールも使用したんですが、残念ながら効果なし…。

で、思い切って薬をやめてみたところ、ほんの少しですが減少していたんです。


なので、生まれつきの体質なのかもしれないし、
定期的に健康診断をしながら様子をみようということで現在に至ります。



ただ、今回少し高いのは、例の角膜に傷があるのと、
少し熱があったためではないかと言われました。

でも、白血球が高いから熱があるのかもしれないし、
やっぱり油断ならない状態なんですね。


また、今回気になったのは
先生が「肝臓が悪いのではなく、周りの臓器に問題があるとしたら…」とおっしゃったこと。

今後、その可能性も含めて色々検査していこうと思います。


とりあえず、いまはウルソ錠で肝臓の数値を下げることに専念するとします!


あ、あと目薬と^^;

さてさて、遅くなりましたが今日のロン。

DSC_0645.jpg
自らゲージに突入し、
最下層にあるメガバナナでひとしきり遊んでらっしゃいました(笑)


でもどうやってそこから出るんだろう?!と見守っていたら・・・







DSC_0646.jpg
ひょいっ。


うおーーすごい!
ロンくん意外に運動神経良かったのね!(笑)


☆ランキング参加中です☆
ポチッと応援よろしくお願い致します!
↓ ↓ 

にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
スポンサーサイト
この記事のURL | 通院 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
下痢ピー
- 2008/11/11(Tue) -
今朝、明らかにロンの元気がありませんでした。
ご飯も残す。いつもはルルに「ウー」ってするくらい
食欲があるのに。

そして水のような便。超下痢ピー。
しかも2時間も経ってないのに再び下痢。

あぁーーこれはヤバイ!と、会社休んで病院へ。


先生に診てもらったところ、熱がありました。
だからグッタリしてたんだね…かわいそうに…。


風邪ですか?と聞いたところ、
「風邪という病気はありません」と…そうなの?!

たぶんロンの場合、以前から高い白血球の値のせいかもしれないと。

白血球が異常に多いと、体内の正常な部分も攻撃し始める。
この熱も下痢も、その可能性があるそうです…。


とりあえず、いまは注射と点滴を打ち、
あとは下痢止めと抗生剤で様子見となりました。


ロンの元気がなくなると、ほんとに寿命が縮みます。
訳の分からない難病を抱えているから、
もしかして病が本格始動を始めたのでは?!と、
気が気じゃありません。


いつか謎が解明されて、
治療法が見つかる日がくるといいんだけど・・・。



と・・・暗いお話はここまでにして。



帰る際にルルとロンの療法食の試供品を出されたんですが
W90_0642.jpg
めっちゃ多っっ!!って笑ってしまいました。
いや、笑ってる場合じゃないんですけども!(笑

これまでにもルル主体でi/dやロイカナの消化器サポートも試したのですが
どちらも効果ナシ。
ロイカナはなんてルルに「これキライ!」とされとても気の毒でした(笑


そして通院を終えたロン。
注射の影響か、朝とは打って変わってハイテンションに。

W90_0675.jpg
ルルと一緒になってソファーに登ったり降りたり。
傷防止に敷いたゴム布も散らばりまくりです(笑

それ、治ったんじゃなくて一時的に抑えてるだけだから大人しくしてなさい!汗

とりあえず、今日から出された試供品ウィークでございます。
どれか1つでもマッチするご飯がありますよーに!



ご覧頂きありがとうございます♪
もし、お気に召しましたらポチッ☆とよろしくお願い致します!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 猫ブログへ


この記事のURL | 通院 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
下がらない白血球値
- 2008/10/30(Thu) -
今日は少し文章が多くなってしまうと思いますが、
もしよろしければお付き合いくださいませ泣

本日、体調不良で遅れに遅れまくっていたルルとロンの2度目のワクチンを打ってきました。
もう生後5ヶ月になるので、かなり遅めのワクチンです。

2にゃんとも、我が家に来てからずーっとどこかしら具合が悪くって。
(本猫たちは至って元気で体重もメキメキ増えてるのが救いですが)

でもさすがにそろそろまずいだろうと。
なかなか治らなかった下痢&血便もほぼ完治してきたので
プッスリやっていただきました。

その際、ロンの肝臓と白血球の数値を診てもらったのですが…
肝臓はほぼ正常値まで落ち着いていたのに、白血球がまたもや3万超えてました。

一度は5万から2万に下がっていたのでそのまま投薬を続けていたのですが
あまり効果はなかったようです。

先生も原因が分からず、もしかしたら先天的に何か抱えているのかもしれないと
おっしゃられてました。
白血病ではないのは確実なので、骨髄に問題があるのかもしれないとも。

でもまぁ、こんだけ元気で体重もバッチリ増えてるから今は見守りましょうということで落ち着きました。

W90_0050.jpg


薬も強肝剤を貰ったんですが、おやつ代わりにあげればいいそうな。
あとはインターフェロンだけ続けていく事になりました。

原因不明なのが何とも辛いところです。

先生も、「自分もベンガルについては勉強不足なので、
この症状がベンガル特有なのか判断できないところが辛い」とおっしゃってましたが…
ベンガルだからなのか、ロンだからなのか。

今はロンの成長の勢いにすがるのみですが、
成長と共になんとか治ってくれればなあ。
こんなに元気なのに…。

W90_0047.jpg
今日もご機嫌でビニール族だね。
ワクチン打ったけど元気そうです(笑

W90_0027.jpg
ルルが飛び掛ったので裂けた部分から毛がモワワッ(笑

と、こんな具合でいまだロンは様子見続行です。

「ただの体質でした!ちゃんちゃん☆」で終了できたらいいんだけどなぁ。
この記事のURL | 通院 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ルルとお注射【後編】
- 2008/10/12(Sun) -
前回、特大の注射を打たれたルル。
どうやら「過敏性大腸炎」だそうで、粘膜が剥がれ落ちてしまってるとのこと。
なので、荒療治だけれど、1度粘膜の炎症を抑えるためにステロイドを注射していただきました。

注射の様子は看護士さんの背中側に立っていたので見えなかったのですが、
意外に大人しく、泣きもせず耐えてくれました。

DSC_0279.jpg
よく我慢したねぇ。
でも、病院疲れとステロイドの影響か、すごく大人しいルル。
お気に入りのベッドに入ったっきり、出てきません。

DSC_0435.jpg
一人でお留守番だったロンが、ルルのそばへやけに寄ってきます。
上の写真、ルルのお腹のある1点を一心不乱に舐めてるんです。ルル自身も。
もしかして、そこに注射されたのかな??

違うにせよ、なんか労わってあげてるようで「じ~ん」としてしまいました。

DSC_0572.jpg
あっ、でもちょっ…。

DSC_0574.jpg
乱暴はやめなさい!

DSC_0578.jpg
そうそう、お姉ちゃんはお疲れなんだからそっとしておいてあげなさい。
ルルもほっとした顔してます(笑



DSC_0579_convert_20081017161513.jpg
ル「ぎゃーーー目が!!」
ロンー!(怒

この記事のURL | 通院 | CM(2) | ▲ top
ルルとお注射【前編】
- 2008/10/09(Thu) -
昨夜も、いつもどおり夜中の大運動会を繰り広げていたルル&ロン。
1時過ぎだったでしょうか?
あ~今夜も寝かせてもらえないのかな~と思っていた時。

突然「ぎゃぁ!」と悲鳴が上がり、飛び起きてみると。
ケージの柵にルルの後ろ足が写真のように!
DSCN1577.jpg
※撮影協力はぬいぐるみの猫さんです。

私もギャーーー!と大パニック。

とりあえず後ろに体を引くと、自力でスポッと抜いてくれましたが、
びっこは引いてないもののやけに大人しい…。

折れてたらどうしよう?!とメソメソしながら添い寝していたのですが、
数時間後にはムックリ起き出してキャットタワーを「どりゃ~~!!」と制覇。
これは大丈夫かも?とかなり安心しましたが、あの絡まりっぷり(写真参照)が衝撃すぎたので
念のため病院へGO!

案の定、足は大丈夫と言われ胸をなでおろしたのですが…
実はルル、2週間ほど前から下痢&血便が治らず、ずーっと投薬してたのですが、
その経過が良くない方が心配だと言われ、なんとなんと!
特大の注射をされちゃいました。

もう、ホントにそれ全部入れちゃうの?と言いたくなるほどのでっかい注射なんです!
あぁぁあぁぁぁルルちゃん!!!と見守る中、ぶっすりやられちゃいました。

DSC_0262.jpg
「なんであたしばっかりこんな目に…もう、後編へつづく!!」
・・・つづいても大したお話はないのですが、写真が大量になりそうなので分けまーす(笑


この記事のURL | 通院 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。